日本放射線看護学会は、放射線看護の発展と専門的な活動の質向上に寄与すること、臨床、地域、産業等の領域を横断して、放射線にかかわる看護実践と知の集積を目指すこと、平常時、事故や異常、緊急時、回復期の放射線看護を探求することを目的としています。

学会のロゴについて

人々に安心・安全を提供できるように「放射線看護の高度化、専門性の向上」を重視したコンセプトで作成されました。右上がりの階段のモチーフが、向上、進歩、成長を表し、両サイド下の図形が手を表しており、両手をそえて保護することで「看護」を表しています。