会則(PDF)

第1章 総則

(名称)

第1条
本会は、日本放射線看護学会The Radiological Nursing Society of Japan(RNSJ)と称する。(以下「本会」という。)

(事務局)

第2条
本会の事務局は、理事長の定めるところに置く。
  2
理事会の決議により、従たる事務所を必要な地に置くことができる。

(目的)

第3条
本会は、放射線看護の発展を図り、専門的な活動の質向上に寄与することを目的とする。

(事業)

第4条
本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
1.総会の開催
2.学術集会の開催
3.学会誌の発行
4.放射線看護に関する研究および情報交換
5.国内外の放射線看護に関連する諸組織との連携
6.その他本会の目的達成に必要な事業

第2章 会員

(会員種類)

第5条
本会の会員は次のとおりとする。
1.正会員:看護職その他の者で、当学会の目的に賛同し、所定の会費を納めた者
2.賛助会員:当学会の目的に賛同する個人、又は団体で、理事会の承認を得たもの

(会費)

第6条
本会に入会を希望する者は、所定の入会金および年会費を納入しなければならない。
  2
既納の会費は、いかなる理由があってもこれを返納しない。

(会員資格の喪失)

第7条
会員は次の理由によりその資格を喪失する。
1.退会
2.会費の滞納(2年間)
3.死亡
4.除名

(退会)

第8条
会員はいつでも退会することができ、退会しようとする者は、退会届を当学会事務局に提出しなければならない。

(除名)

第9条
本会の名誉を傷つけ、又は、本会の目的に反する行為があった会員については、理事会で審議し、評議員会の議を経て理事長が除名することができる。

第3章 評議員

(評議員)

第10条
本会に評議員を置く。
   2
評議員の定数は別に定める。
   3
評議員は、正会員の中から選出する。評議員の選出方法は別に定める。
   4
評議員の任期は3年とし、再任を妨げない。

(任務)

第11条
評議員は、評議員会を組織しこの会則に定める事項のほか理事長の諮問に応じ、本会の運営に関する重要事項を審議する。

第4章 役員

(役員)

第12条
本会に次の役員を置く。
1.理事長 1名
2.副理事長 1名
3.理事 10名程度(理事長、副理事長を含める) 
4.上記以外に理事長は正会員の中から2名以内の理事を指名できる。
5.監事 2名
   2
役員に欠員が生じたときは、理事長が評議員から指名し、残任期間を務めるものとする。

(選出)

第13条
役員の選出は、次のとおりとする。
   2
理事長および副理事長は理事会において理事の互選により選出し、総会の承認を得る。
   3
理事および監事は評議員から選出し、総会の承認を得る。
   4
理事および監事の選出は、別に定める。

(任期)

第14条
理事長、副理事長、理事および監事の任期は、3年とし再任を妨げない。

(職務)

第15条
役員は、次の職務を行う。
   2
理事長は、本会を代表し会務を総括する。
   3

副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故あるときはこれを代行する。

   4
理事は、理事会を組織し会務を執行する。
   5
監事は、本会の運営および会計・資産を監査する。
   6
理事の職務については別に定める。

(学術集会会長)

第16条
 本会に学術集会会長を置く。
   2
学術集会会長は理事会の推薦による。
   3
学術集会会長は当該年度の学術集会を主宰する。

第5章 会議および委員会

(会議)

第17条
本会に次の会議を置く。
1.理事会
2.評議員会
3.総会
4.学術集会

(理事会)

第18条
理事会は、理事長が招集し、その議長となる。
   2
理事会は、毎年3回以上開催する。但し、理事の3分の1以上からの請求があったときは、臨時に開催しなければならない。
   3
理事会は、理事の3分の2以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。

(委員会)

第19条
本会は、その目的および事業を達成するために、必要な委員会を理事会のもとに設置する。
   2
委員会の設置または解散は、理事会の議決による。
   3
委員会については別に定める。

(評議員会)

第20条
評議員会は、理事長が招集しその議長になる。
   2
評議員会は毎年1回開催する。但し、評議員の3分の1以上からの請求があったときおよび、理事会が必要と認めたときは、理事長は、臨時に評議員会を開催しなければならない。
   3
評議員会は、評議員の過半数の出席がなければ議事を開き議決することができない。

第6章 総会

(総会)

第21条
総会は、理事長が招集し、学術集会会長が議長となる。
   2
総会は、毎年1回開催する。但し正会員の5分の1以上からの請求があったときおよび、理事会が必要と認めたときは、理事長は、臨時に総会を開催しなければならない。
   3
総会は、委任状を含む正会員の5分の1以上の出席がなければ議事を開き議決することができない。
   4
総会は、この会則に定める事項のほか次の事項を議決する。
1.事業計画および収支予算
2.事業報告および収支決算
3.その他、理事会が必要と認めた事項

(議決)

第22条
総会における議事は、出席正会員の過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

第7章 学術集会

(学術集会)

第23条
学術集会は、毎年1回開催する。
   2
学術集会において発表する者は会員でなければならない。
   3
司会・座長を行う者は原則として会員とする。

(学術集会企画委員会)

第24条
学術集会会長は、学術集会の運営および演題の選定等について審議するため、企画委員を委嘱し、委員会を組織する。

第8章 会計

(事業年度)

第25条
本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
   2
正会員の年会費は8,000円(平成27年度より施行)、入会金は3,000円とする。
   3
賛助会員の年会費は50,000円とする。

第9章 会則変更

(会則変更)

第26条
本会の会則を変更する場合は、理事会および評議員会の議を経て総会の承認を必要とする。
   2
前項の承認は、第22条の規定にかかわらず、出席者の3分の2以上の賛成を必要とする。

第10章 付則

(最初の事業年度)

第27条
本会の最初の事業年度は、当会の設立の日から2013年3月31日までとする。

(施行申し合わせ)

第28条
本会会則の施行に必要な細則は、申し合わせとして別に定める。
   2
申し合わせは理事会で定める。

(設立時役員、設立時評議員)

第29条
当会設立時の役員、評議員、学術集会会長は別に定める。

付則
本会則は、2012年5月27日から施行する。
本会則は、2013年9月14日から施行する。
本会則は、2014年9月5日から施行する。